AFC葉酸サプリは合成葉酸だから危険ってウソ?本当?

妊活中・妊娠中の女性に人気のAFC葉酸サプリ。コスパが良いのが魅力ですが、合成葉酸だから危険という噂もあるみたいでちょっと気になりますよね。

 

でも、合成葉酸は厚生労働省からも推奨されている葉酸で、危険性は全くないんですよ。

 

天然葉酸と比べると言葉の響きから天然葉酸の方が良い物の様に感じられるかもしれませんが、どちらも安心して使用できるということを覚えておいてください。

 

合成葉酸と天然葉酸の違いをさらに詳しく紹介していきます。

 

合成葉酸と天然葉酸の違いって?

食品中の葉酸(dietary folate)の大部分はポリグルタミン酸型として存在し、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で様々な影響を受けるため、生体利用率は50%以下と推定されています。これに対していわゆるサプリメントなどの栄養補助食品や葉酸添加食品に使用される葉酸(folic acid:プテロイルモノグルタミン酸)は通常の食品中の葉酸とは構造が異なっており、安定性及び生体利用率が高いことがわかっています。

厚生労働省のホームページから引用してきました。ここに書かれているモノグルタミン酸というのが合成葉酸のことです。葉酸の効果を得るには合成葉酸の方がいいと書かれています。

 

合成葉酸と天然葉酸の最も大きな違いは、主原料です。

天然葉酸…野菜や果物などの天然の物から葉酸を抽出して作られていている。
合成葉酸…科学的に葉酸を抽出して作られています。

 

科学的に作られたものと聞くと、やっぱり天然由来の天然葉酸の方が良さそうなイメージがありますが、合成葉酸も体に悪影響を与えることはまったくありません。

 

「合成葉酸は石油で出来ている!」なんて情報もありますが、ネットワークビジネス関係の人によるデマ。安心して使用できるよう作られているので、不安に思うことはないんです。

 

確かに天然葉酸は天然の物から抽出しているので、安全性では非常に優れています。ただ、その分、価格が高くなっていたり、ニオイや味がきつくて飲みにくいというデメリットもあります。

 

吸収率

合成葉酸と天然葉酸では、体内に吸収される効率に差があります。

 

天然葉酸は体内で合成葉酸に返還されてから吸収されるので、厚生労働省の発表によると食べた葉酸量の50%以下と効率が悪くなってしまいます。

 

例えば、ブロッコリーは100gで210μgの葉酸が含まれていますが、食事として摂取するとその半分の100μgかそれ以下にまで落ちてしまうということです。

 

逆に合成葉酸は初めから吸収される形なので、効率よく葉酸を体内に摂りいれることができます。厚生労働省が合成葉酸を推奨しているのは、合成葉酸の方が吸収率が高いからなのです。

 

合成葉酸にはメリットがいっぱい!

合成葉酸という言葉の響きから、危険性があるのでは?と心配になる人もいるかもしれませんが、合成葉酸は天然葉酸と同じように安心して飲むことができる葉酸です。

 

それだけでなく、合成葉酸にはメリットがたくさんあります。

 

天然由来でない分、飲みやすくできる事や、体内に効率よく吸収されるという事の他にも低コストで使用できるというのも大きな魅力ですよね。

 

天然葉酸は作るのにどうしてもコストがかかってしまうので、高価なサプリばかりですが、合成葉酸なら低コストで作ることができるので、継続利用も十分可能です。

 

AFC葉酸サプリに使われているのが合成葉酸だから心配…と思っていた方は誤解しないでくださいね。AFC葉酸は葉酸サプリの中でもコストパフォーマンスが特に優れています。

 

安心して使用できるサプリなので、迷っていた方は嘘情報に惑わされないでくださいね。

 

AFC葉酸サプリを口コミレビュー|実際に買ってみました