葉酸ってどんな栄養素?1日にどのくらい摂取すればいいの?

妊活中の女性・妊娠中の女性に必要不可欠な栄養素として広く認知されている葉酸。
葉酸の働きや一日の摂取量について紹介します。

 

葉酸ってどんな栄養素なの?

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で細胞の生産や再生を助けて体の発育を促します。
つまり、細胞が作り出されるときには必須の栄養素というわけです。

 

お腹の中で赤ちゃんの新しい細胞が次々に作られる妊娠中に
葉酸はたくさん必要になるので積極的に摂ることが呼びかけられているんですね。

 

さらに赤血球の生産を助ける造血作用もあるので
赤ちゃんを育てるために血液がたくさん必要になる妊娠中や授乳中の
ママの体をサポートしてくれます。

 

葉酸の一日の推奨摂取量は?

葉酸は妊娠を望んでいる女性なら、妊娠前から一般人よりも
多く摂取しておくことが望ましいとされています。

 

妊娠前に葉酸を多く摂っておくことで子宮内膜を強くしてくれるので着床力も高まりますよ。
妊活中の女性では、1日に400μgの葉酸を摂取することが望ましいとされています。

 

妊娠中、特に妊娠初期には推奨摂取量は少し増えて440μg〜480μgになります。
葉酸は緑黄色野菜やレバーなど食品にも多く含まれているので
食材や献立を工夫すれば食事から摂ることもできます。

 

例えば、葉酸400μgは生のホウレンソウ約一束です。

 

一日を通してホウレンソウ一束食べるのは不可能な量ではありませんが、
火を通したり、時間が経つと葉酸量が減ってしまうので簡単に摂れる量ではありませんよね。

 

毎日食べ物から推奨摂取量の葉酸を摂るのはなかなか大変なことです。

 

妊活中や妊娠中、血液がたくさん必要になる授乳中には
葉酸サプリを利用して安定して摂取することがおすすめですよ。